トレーニングに必要なもの

トレーニングで準備するもの

ホームトレーニングメニューの場合

自宅でトレーニングされる場合、下記の物をご用意ください。

  • 動きやすい服装
  • ダンベル
  • ブーティーバンド
  • ループバンド
  • ヨガマット
  • ステップ(台)
  • タイマー

ダンベル

ダンベルはまずは軽いものから3、4種類用意してください。
最初から重たい物を扱う必要はありません。
刺激が弱くなってきたなと感じたときに、重たい物に変えるようにしてください。

ブーティーバンド

ブーティーバンドとは、主に両足に巻くためのゴムバンドです。
1周の長さが60cm程度、幅5cm以上のもので3〜5種類の強度があればいいと思います。

ループバンド

トレーニングチューブのことです。バンド1周の長さが2m前後あり、厚み5mm程度のものをご用意ください。これも2〜3種類の強度があるといいと思います。

ヨガマット

必硬い床面でトレーニングされる場合、ひざをついたり肘を突いたりしたときに痛めないよう、必要に応じてご用意ください。

ステップ(台)

高さを付けてトレーニングするために使用する台をご用意ください。
私はホームセンターで販売されている折りたたみの台をよく使います。
少しの段差の場合、分厚めの週刊漫画雑誌や月刊漫画雑誌がちょうどいい高さになります。雑誌をガムテープでグルグル巻きにするのがおすすめです。
(ちなみに私は読み終わった月刊マガジンをガムテープでグルグル巻きにして使っています)

タイマー

タイムワークアウト(時間制トレーニング)を行う際、必要になります。
スマートフォンをお持ちの場合、たくさんのアプリがありますので、使いやすいものを選んでダウンロードしてください。
「筋トレ タイマー」「トレーニング タイマー」「タバタ式 タイマー」などのキーワードで検索してみてください。

スマートフォンをお使いでない場合、ストップウォッチやキッチンタイマーでも大丈夫です。

ジムトレーニングメニューの場合

バーベルやスミスマシンなどはもちろん、そのほかのトレーニングに必要な道具はホームトレーニング同じです。
これらはたいていのジムでそろっていると思いますが、ブーティーバンドやループバンドなどが設置されていない場合、他の人が使っていることがある場合は持参されることをおすすめします。