Yukkie’s Story

私がトレーニングを始めたわけ

ごまかし

私は幼稚園のころからずっと空手をやってきました。運動は日常にあり、毎日練習練習の日々で、高校時代にはインターハイや全国大会、国体などでそれなりの戦績を収めてきました。
強豪校での厳しい練習はもちろん、大人になってからも全国クラスの選手、先輩達とたくさん練習してきました。

が…

私は子供の頃から、「腕立て」「腹筋」という、スポーツ選手が絶対に避けられない筋トレがまともにできませんでした。
ウソのような本当の話です。

「じゃあどうしてたの?」と誰しもに聞かれます。

めっちゃごまかしてました。
自分で言うのもなんですが、選手としては真面目な部類で、補強(筋トレ)以外はわりとできたほうだったので、「できるフリ」して○十年とごまかしてきました。そしてなんと、ごまかしたまま選手生活を終えました。

筋トレを始めたきっかけ

結婚後、仕事が忙しくなり、まったく運動をしなくなりました。そのころはまだ20代で、いわゆる「貯金」というやつで運動をしなくてもそれなりの体型が保てていました。

しかし、30代になってあれよあれよとあらゆるところが下がっていく…
実際には、鏡に映る瞬間にお腹を無理矢理引っ込めたりして見て見ぬ振りをしてきました。

ある日、ショッピングに出かけて試着室で着替えをしようとしたときのこと。
るんるん気分でおしゃれなお店の試着室に入り、大きな鏡に映った油断していた自分の姿に愕然としました。

なにこれ…

ズボンの上に乗ったお腹、ブラジャーのワキからはみ出るぜい肉。
「自分の体ってこんなんだったっけ?」と衝撃的すぎて、ショックのあまり買う気満々だった服をすべて元に戻しました。

これはいかん。なんとかしたい…
でもどうすれば?

実はこのとき、私の夫がパーソナルトレーニングのジムに通っていました。
夫がパーソナルトレーニングに行くと言い出したとき「高いお金払ってわざわざしんどいことしにいくんやな」ぐらいにしか思っていませんでしたが、自分のだらしない体を見た私は「私も行きたい」と予約を取ってもらいました。

そこから、週に2回のパーソナルトレーニングに通い始め、最初は重たくてしんどくてできなかったことが、少しずつ少しずつできるようになり、体にも少しずつ変化が現れ始めました。

同時に筋トレに関してまったく知識がなかったこともよくわかりました。
人の体の動きを理解して鍛えるべきところを効率よく鍛える、ということが大切で一番の近道だということを知りました。

それからは筋トレが楽しくなり、パーソナルトレーニングが終わってからも24時間ジムにも通い始め、日常的にトレーニングを取り入れるようになりました。

腹筋割りたい

一番最初のだらしない体からは一歩脱却でき、トレーニングを続けたおかげで腕立て腹筋はなんとかできるようになりました。
しかし、この時点でお腹はまだぽってり状態。腹筋がそれなりにできるようになったら今度は「一度でいいからお腹に筋を入れて見たい」と思うようになりました。

トレーニングをやってはいたし、フォームは習ったとおりにそれなりにできるようになってはいましたが、果たしてこのメニューであってるんだろうか?と考え始めました。

そんなとき、海外女性のフィットネスサイトのオンライントレーニングを知りました。
4週間から8週間の目的別のトレーニングメニュー、食事プランなどを配信するタイプのものでした。

トレーニングメニューにもちろん興味はありましたし、一番興味を惹かれたのは食事プランでした。
「これはやってみたい。これなら体が変わるかも」とさっそく購入し、届いたプラン通りにトレーニング、食事をやり始めました。

最初はしんどかったメニューがだんだんとこなせるようになり、食事プランも決まっているのでよけいなものを入れる必要がなくなり、シンプルな生活になりました。決まったメニューを次々にこなしていかないといけないので、だらだらとジムで過ごすこともなくなり、なにより短時間でクタクタになって体への効果もより実感できました。

そうやって何週間かが過ぎたとき、あらためて鏡を見ると…

腹筋割れてる!

念願だった「腹筋に筋」が入りました。もううれしくてうれしくて、つい自慢したくなるほどでした。SNSに写真を載せたら「すごい!」「どうやってやったの?」と次々と聞かれるように。

遠方の人には無理だったけど、近くに住む人から「トレーニング教えて」と言われ、パーソナルトレーニングの指導を始めました。

腹筋割れました

ジムに通えなくても

食事はさておき、まずはトレーニングができるようになる必要があるので、フォームの指導から始まりました。
運動をしたことがある人もいれば、やっていない人もいる。そんな中でもトレーニングを習う女性たちの体が少しずつ少しずつ変わってきました。

そんなとき、たまたま遠方に住む女性が訪れ、「どうやったらお尻が上がりますか?」「お尻と足の境目を作りたい」「胸の筋肉を付けたい」「お腹をひきしめたい」と、次々に聞かれました。

その女性はお子さんがいらっしゃり、なかなか時間も取れずまったく運動をしていないとのことだったので、道具を使わず自宅でできるエクササイズを何種類か教えてあげました。
すると「わ、すごい!めっちゃ効きます」と、一生懸命やり方を覚えて「お家でがんばってみます」とおっしゃって帰られました。

私もだったけど、やっぱりみんないっしょだな〜

そんなことを考えながら、こういう女性はたくさんいるんだろうなとも思い、まずは動画でやり方を解説してみようと思い始めました。

それがこちらです。

そして、

  • まったくの初心者だけど体を変えたい
  • 近くにジムがないから家でできる方法を知りたい
  • 24時間ジムには行ってるけどやり方を知りたい
  • ある程度重たい物を持てるから、もっと効果的なメニューを知りたい

という女性達のそれぞれのレベルに合わせたメニュー開発へと取り組むようになりました。

心折れずにトレーニングを続けてほしい

私のモットーは「とにかく心折れずに続けられるトレーニング」です。
トレーニングに時間を割ける人もいれば、なかなかそうはいかない人もいます。

だから、毎日とはいかなくても週に1回からでかまわない、とにかく週に1回を続けること。
これが大事だと思っています。

続ける事さえできればどんな人でも体は変えられます。
ですから、まずは日常にトレーニングを組み込むことから始めてください。

毎週○曜日の何時からトレーニングをする。
できなかったら代わりにいついつにトレーニングをする。

内容は、とにかく「つづけられること」から。
いきなり難しい、重たいトレーニングをする必要はありません。少し体が疲れる、ほどよく汗をかくというものからスタートしてください。
そうすることで「次もがんばろう」と思えるようになり、続ける事ができます。

人の体は急には変わりません。
ですが、少しづつ続けることで必ず変化が現れます。少しづつの積み重ねで「成果」が得られます。

ちなみに私の場合、腕立て、腹筋ができるようになって、腹筋が割れたことが成果です。

ぜひあなたも、がんばっている周りの女性たちに刺激を受けながら、あくまでもご自身のペースでトレーニングを続け、「お尻が上がった」「お腹が引っ込んだ」「足がひきしまった」という成果を手に入れて下さい。

まずはこちらから↓